パフェ・デザート

  • 福栗焼き 夫婦栗
    印象的だったパフェやデザート 写真をクリックするとお店金額情報

リメイク作品

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    古着等をリメイクして作った作品です

ハンドメイド

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    手作り作品

アンティーク・食器

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたお気に入りの食器の写真

カップ&ソーサー

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたC&S の写真

Magnificence Flower C&S

  • Magnificence Flower Orchid C&S
    Magnificence Flower C&S の写真

ROYAL ALBERT SUMMERTIME SERIES

  • ロイヤルアルバート SUMMERTIME SERIES WOODBOROUGH C&S
    ロイヤルアルバート サマータイムシリーズ C&S の写真

ROYAL ALBERT C&S

  • ロイヤルアルバート Sweet Violets
    ロイヤルアルバート C&S の写真

料理・グルメ

  • 水蜜桃パフェ
    ブログに載せた料理や購入した商品の写真

雑貨

  • カントリーフェスティバル パーコレーター
    ブログに載せた雑貨の写真

« NARUM I のエスプレッソ C&S | トップページ | ロイヤルアルバート ELEGANCE C&S »

2010年11月30日 (火)

夕方の糸トンボ

朝の寒さが落ち着いて、洗濯日和になりました。

南の窓からは陽が射して、ポカポカと…。

こんな日は夕方が要注意。、

赤い実をついばんでいた鳥の次に「悩ませる者」はこれ  

Dscn2223

糸トンボとか、蚊トンボと言われている彼ら。

洗濯物を取り込むときに衣類に紛れこみます。

なので、取り込む時の「お決まり」は、

「これでもかsign01」というくらい洗濯物を振り回す「運動」をします。

フラダンスじゃありません。

振って振って、振りまくってから、家の中に取り込みます。

そうでもしないと、

陽にあたって温かくなった衣類にくっついている糸トンボは落ちません。

しっかり服の中にも入り込んでいるヤツもいます。

振り回して「今日は何匹落ちた」と思わず数えるMOCHA。

 

それでも、取りこんだ洗濯物の山に紛れ、

たたんでいるときに衣類から這いだしてくるヤツもいます。

「運動の効果、ほとんど無し…」down

Dscn2222

 

糸トンボは、

洗濯物から振り落とされると気絶しています。

いえ、死んだふりかもしれません。

とにかく、しばらく羽をとじて落ちた床からぴくりとも動きません。

そして、

ある程度時間がたつと、そっと動きだして飛びます。

なので、取りこんだ洗濯物はしばらく富士山のように積んで、

糸トンボが自らの意思で動いて、

明るい色の壁やカーテンに飛んで行くのを待ちます。

うまくいけば翌日糸トンボを外に逃がせます。

虫嫌いのMOCHA、ようやく羽をもてるようになりました。

 

たまに、たたんでいる時に、もぞもぞと動くトンボの体をつかんで・・・…

ぎゃーー shock

 

糸トンボが気絶して動かないのが外なら問題はありません。

これが、家の中だと困ります。

オークカラーの床で気絶していると、

見分けがつきにくくて踏んでしまいます。

ぎゃーー shock)×2

虫嫌いのMOCHAはティッシュで包んで捨てます。

 

たまに完璧に動かない糸トンボが転がっています。

これって失神の後ご愁傷様に・・・…。

ぎゃーー shock)×3

虫嫌いのMOCHAはティッシュで包んで捨てます。

 

たまに着替えの中から完璧に動かない糸トンボが転げ落ちます。 

中に忍び込んだまま、脱出することができなくて・・・…。

ぎゃーー shock)×4

虫嫌いのMOCHAはティッシュで包んで捨てます。

 

たたんだ衣類でも油断大敵、

ちゃんと内側をチェックしてから着ないと…。

毎回、この繰り返し…。

 

陽を浴びて乾いた洗濯物は温かくて、

外の空気が冷たくなったら格好の居場所ですものね~。

夕方「もう少し、陽に当てて…」、

なんて悠長に構えていると、とんでもないことになります。

« NARUM I のエスプレッソ C&S | トップページ | ロイヤルアルバート ELEGANCE C&S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

maple木漏れ日さんへ
では、では、虫が来たら笛を吹いてお呼びいたします~。ピポピポピー。ピポピポピー。マグマ大使~notes
そんなMOCHAですが、昔はゴキブリを新聞紙丸めて、はたいていたのです。ゴキのいないこの地に住んでン十年。ゴキ見たのは実家での1回だけ。新聞紙はたきは、もう無理です…。
あ、話がずれてしまいましたcoldsweats01

mapleyayoyayoさんへ
確かに害は無くかわいい方だとは思うのですが…。足元にいるとギョッshockとしてしまいます。
ましてや踏んでしまったなんてことになったら…なので極力、家に入れないようにしています。
まだしばらくは飛びまわっていそうですね。

皆さんがキャーの話の中少々言いにくいのですが、私、虫結構平気。糸トンボなんかあの細い体で暖かいところで寒い冬に向かおうとしている姿ちょっと愛しいくらい。エヘヘ。さすがカメムシは手でつかむことはできませんが、たいていの虫ならテッシュくらいでつまんで外に出すことくらいはできます。何か御用命の説はいつでもお役にたちますヨ。happy01

糸とんぼ、毎日のようにウチの天井付近で飛んでいます。しばらく遊ばせてあげてから捕まえて外に逃がしてあげています。
ハチは刺すから困りますが糸トンボはかわいいものです。寒くなったら死んでしまうのですかね?
糸トンボに悩む季節もあとほんのちょっとですよ。

mapleはなのいろさんへ
ほうー。良かった―カメムシで…。
アオムシが洗濯物に密着していたらどうしようcryingと内心絶叫ものでした。
でも…毛虫を衣類と一緒に洗濯したこともあるbearingMOCHA。
あの時は毛虫の毛が衣類にささっていそうで、全ての洗濯物を3回は洗いました。ああ、やはり虫はいや~~runスタコラ

えへへ、間違い~
アオムシじゃなくカメムシでした~
すんませんsmile

mapleはなのいろさんへ
か弱いトンボですが、不意打ちが多くて、本当にshock連発物ですよー。
カメムシとかじゃないだけでも良しとしますが、それでも、やっぱりいないのが一番ですー。
この闘い(?)は真冬まで続きますdespair

MOCHAさん、糸トンボと格闘すsign01
「ぎゃーー」10連発coldsweats02
今の時期糸トンボ・・いるんですね~
こちらは年中あまり見かけないような気がしますeye
洗濯物に付いてるっていうのがイヤ~ネ~bearing
まぁ、匂いの凄いアオムシよりはマシかしらhappy02
何れにしてもご用心ご用心sign03

maple心葉さんへ
タンスから出した衣類からポロリと言うこともあったのですよー。
それ以降とにかく「振るべし」ダンスを踊っています。
ぽかぽかの朝sun、誰もいないはずの部屋のカーテンがカサカサしたら…間違いなく糸トンボです。

糸トンボって、そんなに張り付くものなんですね!
MOCHAさんの必死の様子が伝わってきますsweat01

タンスの中から出てきたら、私も ぎゃーーーってなるかも〜〜

ま、負けないで!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407357/37889910

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方の糸トンボ:

« NARUM I のエスプレッソ C&S | トップページ | ロイヤルアルバート ELEGANCE C&S »