パフェ・デザート

  • 福栗焼き 夫婦栗
    印象的だったパフェやデザート 写真をクリックするとお店金額情報

リメイク作品

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    古着等をリメイクして作った作品です

ハンドメイド

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    手作り作品

アンティーク・食器

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたお気に入りの食器の写真

カップ&ソーサー

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたC&S の写真

Magnificence Flower C&S

  • Magnificence Flower Orchid C&S
    Magnificence Flower C&S の写真

ROYAL ALBERT SUMMERTIME SERIES

  • ロイヤルアルバート SUMMERTIME SERIES WOODBOROUGH C&S
    ロイヤルアルバート サマータイムシリーズ C&S の写真

ROYAL ALBERT C&S

  • ロイヤルアルバート Sweet Violets
    ロイヤルアルバート C&S の写真

料理・グルメ

  • 水蜜桃パフェ
    ブログに載せた料理や購入した商品の写真

雑貨

  • カントリーフェスティバル パーコレーター
    ブログに載せた雑貨の写真

« モチーフのカーディガン | トップページ | 杏仁豆腐 »

2011年6月25日 (土)

ルバーブのジャム

梅ジャムを作ったブログを読んだ友人から

「ルバーブのジャムも酸っぱくてクセになる」と聞き、

既に空き瓶が無く、これ以上作ってはいけない状態なのに

その気になってしまったMOCHA。

早速近所のJA、婦人部で買ってきました。

これで約500gのルバーブです。

Dscn4423

 

ルバーブは真赤な茎の物と

買ってきたような緑の物とありました。

お店の人に聞くと「色の違いだけ」とのことなので

安い方にしました(赤い方が量が少なくて100円高い)

まぁ200円でお試しジャムができればいいですよね。

そして、ジャムに欠かせないお砂糖も準備。

 

レシピはいろいろとあって・・・

ルバーブを一晩水につけるとか、

白ワインを入れるとか、レモンを入れるとか

砂糖はルバーブと同量とか、半量の砂糖をまぶして一晩置くとか・・・

 

買ったルバーブにレシピの紙が貼ってあったので

今回はそれを基準に作ることにしました。

①ルバーブを洗って、1~3cm幅に切る。皮は剥かない。

 (MOCHAは繊維が残っても平気なように1cm幅にカット)

②鍋に切ったルバーブを入れ、半量の砂糖をまぶして30分寝かせる

 (砂糖300~450という範囲にするとして最初は150g入れました)

 鍋をふって砂糖とルバーブを絡ませて水分を出させる。

Dscn4434 Dscn4437

③ある程度の水分が出てきたら、残りの砂糖を入れて火にかける

 (あくまでもルバーブの水分のみで作るようです)

Dscn4439

④強火でぐつぐつ言ってきたら(だいたい4分位)

焦げないように木べらで混ぜながら中弱火に(約4分)かける。

Dscn4441

10分もしないうちにどろっとして出来上がります。

 

甘味のチェック~。うーん。酸っぱい。

追加の砂糖を入れてさらに煮込むかどうか・・・

迷いましたが今回は追加しないことにしました。

 

そして「良好な煮詰め具合になったら火を止め」

ジャムとして仕上げますが、

良好な煮詰め具合がわからない・・・。

なので、あと4分弱火で煮込んで自然に冷ますことにしました。

で、冷まして、いざ瓶に詰めようとしたら、 

Dscn4450

濃くピンクのようなオレンジのような赤見が濃くなっていて、

甘味も濃くなっていました。

うーん、もっと砂糖が少ない方がMOCHAの好みかも・・・

煮込む際に味見しながら砂糖を加えたほうが良さそうです。

(ルバーブと同量の砂糖にしたらかなり甘いかも知れません)

  

買ったルバーブ違いかもしれません。

安かったから??

高くて赤い、細いルバーブにしたら、

酸味がもっと濃いのかしら?

試してみたい気もしますが、

まずは作ったものを食べてから…。

« モチーフのカーディガン | トップページ | 杏仁豆腐 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

restaurant おひるねおかんさんへ
そう、酸っぱいと評判の茎系商品です。
どんな状態で生えているのか見たこと無いのですが…束ねて売っております。
切って、茹でるだけで出来上がり~。
調理時はもっとグリーンが強かったのですが、冷めたらオレンジ(茶色?)の色見が出てきました。
作ったら食べないといけない…pigのが目下の悩みです。


restaurant はなのいろさんへ
こちらでは地元生産者販売所等で売っていますが、たまに「道の駅」やドライブインの生産者販売コーナー等でも見かけます。
ドライブの際、運よく出会えると良いですね~。
梅ジャムもあるのに手を出してしまって…coldsweats01
ヨーグルトと共に食べる日々…。どんどん横に成長していきそうです。きゃあーpig
ドイツではどのように使うのでしょうねeye(興味津々)


restaurant 心葉さんへ
そう、ふきみたいですよね~。
でも苦みやクセはありませんでした。少し酸味のある繊維質のようです。
冷めてから味を見ると意外と酸味がうすいジャムになっていました。(食べやすいですが、砂糖が多かったかも??)
もっと自分好みの物が作れると良いな~と思いました。修行しなくっちゃ~。

こんち~
え~?
ルバーブってなに?
何かの茎?
でも。。きれいなオレンジheart
たべてみた~い。。

MOCHAさん、すご~い(脱帽)scissors
すぐ行動するんですもの・・run
ルバーブは、以前ドイツに暮らした人が
お菓子作りをする・・とか聞いたことありますがear
使ったことないし、手に入るかどうかも知りませんでしたcoldsweats01
ジャムは・・梅ジャムが多量にあるのでsweat01
ちょっと考えるところですbearing
ルバーブは手に入れば使ってみたい気がしますし・・・
ご紹介有難うございますheart04

おお〜〜 ルバーブ♡ フキみたいeye

たしか、お腹に効くんですよね♪ 私は試してみたい物の一つですが、家系と先天的に腸が弱い旦那さまだしなぁ、と思うと手が出ない物の一つです。

緑だったのに、綺麗な色♡ 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407357/40529970

この記事へのトラックバック一覧です: ルバーブのジャム:

« モチーフのカーディガン | トップページ | 杏仁豆腐 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ