パフェ・デザート

  • 福栗焼き 夫婦栗
    印象的だったパフェやデザート 写真をクリックするとお店金額情報

リメイク作品

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    古着等をリメイクして作った作品です

ハンドメイド

  • 大正琴バッグ(帯のリメイク)
    手作り作品

アンティーク・食器

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたお気に入りの食器の写真

カップ&ソーサー

  • マドリッド・シリーズ  アンバー カップ&ソーサー
    ブログに載せたC&S の写真

Magnificence Flower C&S

  • Magnificence Flower Orchid C&S
    Magnificence Flower C&S の写真

ROYAL ALBERT SUMMERTIME SERIES

  • ロイヤルアルバート SUMMERTIME SERIES WOODBOROUGH C&S
    ロイヤルアルバート サマータイムシリーズ C&S の写真

ROYAL ALBERT C&S

  • ロイヤルアルバート Sweet Violets
    ロイヤルアルバート C&S の写真

料理・グルメ

  • 水蜜桃パフェ
    ブログに載せた料理や購入した商品の写真

雑貨

  • カントリーフェスティバル パーコレーター
    ブログに載せた雑貨の写真

« らっきょう:酢漬け & バルサミコ酢漬け  そして、かりん | トップページ | Deva Premal : Om Tare tuttare (by 「embrace」) »

2011年6月 3日 (金)

アンズジンジャーレモン・ホットジュース & ドライックマ Ⅱ

ジンジャーシロップを作ったら、やりたかったこと。

2月の 奈良旅行 (←記事はここをクリック) の際に飲んだ、

アンズジンジャーレモン・ホットジュースの再現です。

Dscn4302

レモンはシロップを作る際に使用したので、

アンズのシロップ漬けとお湯を入れるだけ。

見た目も、味も似ていますが、

あちらはもっと杏が煮崩れていたような…。

スープのようにジンジャーシロップで

干しアンズを煮ているのかもしれません。

(その根性は・・・無いな~)

でも、シロップ漬けでここまで出来れば立派!(自画自賛)

いつものジンジャーシロップがワンランク・アップ~です

アッツ熱で飲むのが一番おいしいと思います。

 

今日もジンジャーネタで恐縮です

 

ところで、・・・

乾燥ネットに入りこんで

新生姜のスライスと一緒に乾燥された ドライックマ。

Dscn4295

どこにいるかわかります??

(乾燥ネットの中でジンジャーを広げるのは難しかったので、

一旦キッチンぺーパーに広げて干すことにしました)

Photo_4

いました。いました。

完璧

「ドライ」 になってしまったのに、

Photo_2

相変わらず、のんびり、お気楽 ・・・

 

誤飲・誤食があってはいけません。

 

ちょっと水分をやりました。

Dscn4297

Photo

で、

・・・補給完了~

 

Pon

元にもどりました。

Photo_6

こら、こら、

ハチミツにつられて

行ったのは、だぁ~れ?

« らっきょう:酢漬け & バルサミコ酢漬け  そして、かりん | トップページ | Deva Premal : Om Tare tuttare (by 「embrace」) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

リラックマ出演」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
ジンジャーシロップ
職場に持参しました。
しょうが紅茶でいただきました。
甘みが足りないという評価でしたが
風味等はばっちしだそうです。
おかんは甘いぐらいだったけどなあ。。
上白糖のほうが甘みが強くなるかな。

ドライジンジャー
裏返したりしてるうちに
ついつい
味見しちゃって
残り少なくなっています。
こりゃあ くせになっちゃいそうですぅ。

杏 試してみたいけど。。
杏探しをする前に
シロップもドライジンジャーも
なくなってしまいそうです。。。

 はなのいろさんへ
はい。元に戻っていたずらし放題です

アンズジンジャーレモンのカップはガラスでアンズの形を楽しみながら飲むのがお勧めです。
ホットが美味しいドリンクなので、しばらくは夜の楽しみになりそうです

ハハハハハ、ハハハ、ハハ
お腹痛い
ドライックマですか。
元に戻って良かったね~

アンズジンジャーレモン・ホットジュース
奈良のよりずっとオシャレ~
美味しそうです、ホント(ゴクリ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« らっきょう:酢漬け & バルサミコ酢漬け  そして、かりん | トップページ | Deva Premal : Om Tare tuttare (by 「embrace」) »